虛領頂勁(きょれいちょうけい)

太極拳 虛領頂勁 虚霊頂勁 虚领顶劲 虚灵顶劲
Taijiquan Xulingdingjin
Top force with the neck empty

(虚領頂勁 虚霊頂勁 虛領頂勁 虛靈頂勁 虚领顶劲 虚灵顶劲)

スポーツの世界ではよくゾーンに入ると言う。

それは、最高のパーフォマンスを発揮できる状態を意味する。

リラックスと緊張が同居した、集中力の高い、不思議な状態だ。

 

では、ゾーンに入ることと虛領頂勁は、どう関係しているのだろうか?

それでは、説明しよう。

武術家は敵に出くわした時、一瞬でこの状態に入れなければならない。

戦っている間にアドレナリンがでて、調子が徐々に上がってくるのではダメだ。

 

素手の喧嘩は一瞬で勝敗が決まる場合が多い。

リングでブローブを嵌めた戦いと、ストリートファイトではやはり異なる。

 

想像してほしい。

もし、あなたがナイフや金属バットを手にした暴漢に囲まれたとする。

武術家なら、一瞬にして臨戦状態のチャネルに変わる筈である。

つまり、ゾーンに入るのである。

武術家は無意識に、この術を身につけている。

 

では、その時の身体の状態はどうなっているのか?

伝統はふたつの姿勢を教えている。

1)氣沉丹田(きちんたんでん)

丹田に気が集まり、気のバリアとして気が丹田を中心に膨らんでいく。

これは、言うまでもないだろう。

2)虛領頂勁(きょれいちょうけい)

こちらは、説明が少々厄介である。 神気が頭頂を貫くことにより、周りにレーダーを張れるようになる。首が虚となり、頭が持ち上がっていく感覚だろうか。相手の動きが、空間のつながりとして、察知できるようになる。

 

一瞬にしてゾーンに入る場合は、敵に遭遇した時だけではない。

套路(型)を始める時も同じである。

最高の表演を行うためには、起勢の段階で、この状態に入らなければならない。

太極拳 起勢 気沈丹田 含胸抜背 虚領頂勁
Taijiquan Beginning 1