太極拳の内勁

太極拳の内勁とはなにか?

伝統の内勁(ないけい)を学ぶことから、太極拳を始めよう。

 

勁(けい) は意によって、丹田、すなわち身体の重心で生まれる。

深層筋が仙骨と腰背を動かし、軸の力として全身に伝わっていく。

勁を発生させるエンジンと勁の伝達システムを内勁と呼ぶ。

太極拳は、纏絲勁(てんしけい)を使い、全身を連動させる。

 

勁とは、全身がつながった力であり、部分的筋肉の力とは区別する。

獣は全身の力で獲物を射止める。武術の動きもまた同じである。

武術の鍛錬とは、この勁を獲得して練ることに他ならない。

 

この本来の動きが、太極拳からなくなりつつある。

太極拳の目的が武術鍛錬からスポーツ演舞と健康体操に変化してきている。

 

健康体操の24式太極拳は楊式太極拳の古式をそのまま継承している。

これを、内勁を用いないで、形だけを真似るのではもったいない。

 

本物の内勁の動きは、なめらかで洗練されており優雅だ。

動きの中に静けさがあり、静けさの中に勢いが感じられる。

このスローな全身運動が、健康に素晴らしい効果を発揮する。

 

今ほど、太極拳の伝統回帰が求められている時代はない。