馬步(まほ)

馬步 太極拳 騎馬立ち

馬步は武術の基本の立ち方である。空手の騎馬立ちに相当する。

中国武術において、立ち方は流派により異なる。

 

太極拳の馬步とはどういった立ち方であろうか?

では説明しよう。

つま先を前方に向け、肩幅の2倍の歩幅で並行に立つ。

左右に膝を割り込みながら、仙骨を前に押し込む。

そして、反り返らないように含胸抜背の姿勢をとる。

これにより、丹田に重心を感じることができる。

 

さらに重心(丹田)を落としながら、下半身に圧をかけていく。

つま先と踵で大地を掴む感じで、4点に均等に体重を乗せる。

臀部と太ももの筋が張った、鉄のアーチが完成する。

 

アーチのトップに仙骨があり、上半身を支えている。

仙骨の上に背骨が自然なS字を描きバランスよく突っ立っている。

 

太極拳の馬步の特徴は、股間を割り開く開胯(Kāi kuà)の姿勢にある。

そして、この開胯によって、堅牢なアーチが完成する。

足の外側のエッジと親指が大地に食い込む感じが、膝を痛めなくて良い。

両足の筋肉が硬くなっている厳しい姿勢である。

 

初学者は足がブルブル震えたり、汗だくになったりすることがある。

 

馬步は、足腰を強くする。

しかし、それは結果であり、

下半身の筋と腱を鍛えることを目的にしてはいけない。

 

目的を間違えると正しい姿勢にならない。

どっしりとした動けない足になっている残念なケースを見かける。

武術の足は軽硬で、一瞬で変化できるものである。

 

馬步の正しい姿勢を学ぶことは、とても大切だ。

この基本のアーチ姿勢ができていないと、その後の上達はありえない。